短小コンプレックスを強みに変えよう

女性が包茎を嫌がる理由の1つが短小との関係です。
一般的に包茎だと短小になると言われていますが、これは正しい説です。

 

短小でも生殖機能に問題はありませんが、人間は生殖だけではなく快楽の為にもセックスをします。
大きい方が気持ち良いとされていますので、女性は短小をあまり良く思わないのです。

 

「包茎=短小=女性に嫌われる」と男性が考えるのも自然です。
「短小で女性に嫌われるかもしれない」とコンプレックスを持っている男性もたくさん居ます。
性欲が活発なハタチぐらいは、このコンプレックスに悩む人が少なくありません。

 

確かに短小じゃない人に比べればハンデがありますが、ただ大きければセックスで女性が気持ち良い訳ではありません。
お互い不満がないなら、ペニスの大きさに関係なく充実したセックスが出来ます。

 

短小をコンプレックスに思うのはもったいないです。
包茎は治療で治せますし、正しい知識を身に付ければ精神面の問題も改善出来ます。
女性はペニスの大きさで男性を選ぶ訳ではないので、パートナーを信用し、一緒にコンプレックスを強みに変えましょう。

コンプレックスを癒そう

短小は包茎が多い日本人には付き物と言われています。
これには侮蔑の意味が含まれていますが、包茎が短小の原因になる事は否定出来ません。

 

生殖機能はペニスが小さくても大きくても問題ありません。
ただ、セックスの快楽という点で考えると大きい方が良く、勃起の持続力も高いと言われています。

 

短小包茎で劣等感があり、女性に臆病になっている人も多いです。
確かに、セックスで女性を気持ち良くさせるには短小包茎だとハンデがあります。
特に20代から30代の性欲が活発な時期は、短小包茎が深刻な悩みになります。

 

短小包茎のコンプレックスを癒せば男性の自信が回復します。
短小と包茎には関連があるので、まずは泌尿器科などで包茎治療を相談し、改善の見通しを付けましょう。

 

基本的な性の知識があれば、短小包茎に悩んで包茎手術に抵抗を持つ事もないはずです。
短小包茎に悩んでいるのは性の知識がない人ばかりです。
ネットで包茎や短小について調べ、正確な知識を身に付けましょう。

子供みたいなペニス

好きな女性に「いくじなし」「短小包茎」「甲斐性なし」なんて言われたら落ち込みますよね。

 

特に男性がショックなのが「短小包茎」です。
「子供みたいなペニス」と言われている様なものなので、大人の男性にとってはかなりショックです。
こういったトラウマを克服しようとペニス増大のエクササイズに励んでいる人も居ます。

 

短小と包茎には深い関わりがあり、「包茎だと短小になる」というのは事実です。

 

例えば、成長期にあまりにも筋肉を付け過ぎると身長が伸びにくくなるという説があります。
発達し過ぎた筋肉が留め具の役割を果たし、骨の成長を妨げるからです。

 

ペニスも同じで、成長期に常に先っぽに皮があれば成長出来るものも出来なくなります。

 

男性専用のクリニックでは、包茎手術と増大手術がセットになっている場合が多いです。
包茎の人が短小になりやすいという事実があるからで、そうでなければセットにする必要はありません。

 

包茎で短小に悩んでいたら、まずは治しやすい包茎から治療しましょう。
特に真性包茎やカントン包茎は医療保険が適用される重篤な症状なので、早めに対処しましょう。

更新履歴